東京エリアで時給2,000円突破するには?@Uber Eats(ウーバーイーツ)

東京 時給2000 ウーバーイーツ

こんにちは、てむじんです。

『現在、東京エリアでUber Eats(ウーバーイーツ)の配達をしていますが収入がなかなか伸びません。時給換算で2,000円までいくには何をやったら良いですか?』

今回は上記のお悩みにお答えします。

本記事を読めば、時給換算2,000円レベルまで上げるコツが分かるようになります。

配達累計4,000件+ゴールドパートナー認定の筆者が詳しく解説します。

東京エリアで時給2,000円突破するには?@Uber Eats(ウーバーイーツ)

ウーバーイーツ 時給2000 東京

東京エリアで3000件ほど配達し、時給2,000円前後まで到達しました。

意識して実践したのは以下の3つです。

①効果的なインセンティブ(クエスト・ブースト)にはほぼ乗っかる
②注文の多いエリアに絞って配達する
③マーケットを分析し臨機応変に動く

順に解説していきます。

効果的なインセンティブ(クエスト・ブースト)にはほぼ乗っかろう

ウーバーイーツ 東京 時給2000

東京エリアで稼げている人はほぼ間違いなくインセンティブに波乗りしています。

インセンティブを活用すれば時給換算は上がる!

インセンティブ活用例)

ブーストの発生タイムだけは休憩を取らず、3時間はノンストップで集中
クエストノルマをクリアできたら、自分にご褒美を設定しモチベーションを上げるようにする
→12件クリアすれば+で2,400円受け取れる場合、ランチでちょっと贅沢してもお釣りがくる

いかにインセンティブタイムで集中できるか?

が東京エリアで稼ぐポイントの1つです。

仕事の成果と自分の感情を一旦切り分けて考えてみよう

とはいえ、メリハリも大事で比較的注文が落ち着く14時~17時くらいまでの時間はとことん体力を回復させ、夜のピークタイムに備えるスタンスも大事です。

筆者が始めたての頃は、以下のような稼ぎ方をしていたので売上にバラつきがありました。

・やる気が上がったらオンラインに切り替える
→稼げるかどうかはマーケットの動き次第、やる気とは関係ない
・インセンティブタイムで休憩をとる
→休憩を取るタイムを変えるだけで時間効率は上げられる

どっちみち、配達するならインセンティブ発生時に集中して稼いだほうが合理的なわけでして。

【仕事の成果と自分の感情を一旦切り分けて考える】

経験から、これが大事だなと思います。

注文の多いエリアに絞って配達しよう

ウーバーイーツ 東京 時給2000

東京で活動するなら、以下は言い過ぎといっても過言ではないです。

どこのエリアで配達をするかで生産性がほぼ決まる

根拠は以下のとおり。

どれだけスキルや顧客からの評価が高くても注文依頼がないことには稼げない
競合が多くても注文が多いエリア>競合が少なく注文も少な目なエリア
→そもそも注文見込みが少ないと次の予約ピックが入らない為、稼働効率が下がる
配達エリアに合わせた稼ぎ方をすることで他の配達パートナーと差別化ができる
例)
→坂道が多いエリアで赤チャリを使う
午前に稼げるエリア、午後に稼げるエリアなど分析するetc...

あくまで、経験則にはなりますが東京エリアで稼ぐとしたら港区か渋谷区に優位性があるかなと思います。

筆者の個人的な実績だと、港区エリアに絞って配達した時に平均アベで時給2000円を超えることができました。

なぜ港区がオススメなのは以下の記事で詳しく説明しています。
>>上級者ほど港区エリアを拠点にする理由とは?@Uber Eats(ウーバーイーツ)

マーケットを分析し臨機応変に動こう

ウーバーイーツ 東京 時給2000

最後はちょっと分かりづらいかもですが、伝えたいのは以下の点です。

マーケットは常に変動していることを理解しよう

マーケットは常に動いているので、思考停止したり、過去のやり方に固執したりしていると稼げなくなる可能性がある、ということです。

マーケットの動きとは以下のようなことです。

かつてAという店舗からの注文が多く、ピックアップを狙い打ちする為に近くでスタンバイしていた
→ある時から注文依頼がパッタリ入らなくなった。
Uberのインセンティブのルールが変わり、日またぎのクエストで一時的に稼げなくなった

あっ、上記は筆者の実体験ですが・・・。

そうつまり

今までこれでうまくいったからこれからもずっとこれでうまくいく!』

という保証はない、ということです。

ざっくり上記のとおり。

というのも、Uber Eats(ウーバーイーツ)は時給が保証されたアルバイトではないからです。

現状の収入に不満がなかったり、お小遣い稼ぎ、という人ならあまり気にしなくても良いかもしれません。

マーケット分析のやり方をマスターして時給を上げよう!

とはいえ、もっと稼ぎたい人にとっては時給換算は気になるところだと思います。

今の自分のパフォーマンスを知るには、数字という客観的データで見るのがオススメです。

マーケット分析のやり方)

①1週間単位で記録をつける
②週の売上を稼働時間で割り、自分の時給を知る
時給単価を上げる為に改善できることを仮説で行動リストに落とし、1週間やってみる
④①~③の繰り返しでレベルアップ

具体例)

①1週間の記録
(月)休み
(火)午前の売上4000円+午後の売上3000円
(水)午前の売上3000円+午後の売上5000円
(木)午前の売上5000円+午後の売上2000円
(金)休み
(土)午前の売上5000円+午後の売上4000円
(日)午前の売上6000円+午後の売上5000円
※午前3時間、午後3時間の稼働と仮定
※出来ればどこのエリアで配達したかも記録するのがオススメ
②合計売上:42000円、時給換算:1400円
③時給を上げる為にできる仮説例
・土日のピークタイムは稼げそうだから、稼働時間を2時間増やす
・(木)の夜の品川エリアでは全く鳴らなかった、今週は五反田エリアで配達しようtec…

ざっくり上記のような感じですが、①~③のPDCAを回していくことで時給換算2000円に近づいていきます。

そして最後にはあなたしか分からない最強のマイルールが完成しています(笑)

こればかりは、エリアとの相性もあるので自分で見出だすことで効果が倍増します

今回は以上になります。

また東京エリアについての有益な情報を一気に知りたい場合は東京エリア完全攻略マニュアル@Uber Eats(ウーバーイーツ)でもご紹介しているので順番に読んでみてくださいね!

それではこのへんで失礼します。

お読み頂きありがとうございました!

【関連記事】東京エリア完全攻略マニュアル@Uber Eats(ウーバーイーツ)

【関連記事】Uber Eats(ウーバーイーツ)完全攻略マニュアル~ノウハウ公開~