今日からすぐ実践できる!電車移動を有効活用できる方法5選!

普段、勉強熱心な方ほど時間を使うことへの意識は高いですよね。

特に、通勤で電車移動されている方にとって、1日の時間に占める割合はけっこう大きかったりします。

できれば、もっと電車の移動時間や待ち時間で有効活用できる方法が知りたい!

今回はそんな時に効果的な方法を紹介していきます。



■電車移動に有効活用できる方法5選!

⚫読書をしよう!

朝の時間や頭が冴えていてやる気に満ちている時は、王道の読書がオススメです!

先人たちの貴重な教えや学びをたった1冊1000円くらいで手に入れられるわけですから、学ばない手はないです。

せっかく意欲に満ちている貴重な時間ですから、自己啓発本や今の仕事の課題解決に繋がるような生産的な本が読めると良いですね!

⚫音楽を聴こう!

やる気がなかなか出ないときは、まずやる気を上げる為に音楽を聴くのも効果的です。

スローな曲よりもアップテンポな曲やロック系の曲だと気持ちも高ぶってくるのでオススメです!
ここでやる気を上げて、仕事モードに入っていきましょう!

⚫映画を見よう!

電車移動に映画?と思われる方もいるかもしれません。

今はスマホやiPadから簡単に視聴できる時代です。

映画を観ることで非日常体験が出来ますし、普段考えもしないアイディアや、仕事で使えるネタを拾えることもあります。
オススメは観賞時間は2回に分けて、一回あたり1時間くらいにすることです。

こうすることで、続きが気になり次の電車の移動時間が楽しみな時間に変わりますよ!

⚫音声学習をしよう!

日中の仕事を終えた体や心は疲れきっています。

そんな時に、勉強はツラい、眠い、というのが正直なところ。

こんなときに、目を使った作業や読書をすることは大変な意識を必要とするのでオススメはしません。
余計疲れてそれどころではないですから。

例えばこれが、耳から入る情報であればどうでしょうか。

やり方は簡単、ヘッドホン(イヤホン)を耳に差し込んで、学習音源を再生するだけ。
面倒なのは再生するまでの作業だけ、あとは聞き流すだけで学ぶことができます。

⚫どうしても、しんどかったら仮眠!

音声学習さえもしんどい、となると単純に脳を休ませてあげたほうがいいかもしれません。

目を閉じて無心になるだけでもリラックスしますし、脳の疲れもとれます。

目安としては、15~20分の仮眠レベルが良いです。
これ以上、寝てしまうと今度は夜眠れなくなってしまいますので注意が必要です。

⚫まとめ

今回は、電車の移動時間や待ち時間で有効活用できる方法を紹介しました!

忙しいビジネスパーソンにとって、電車の移動時間を有効活用することで必ず今後の人生に生きてきます。

今回紹介した方法を取り入れて、充実した毎日を過ごしていきましょう!