人生が変化する瞬間!【努力よりも環境を変えたときにやってくる】

こんにちは、てむじんです。
努力よりも環境設定重視で人生を変化させてきました。

先日、以下のツイートをしました。

未来の人生を変化させる為のポイント

・理想の住まいに引っ越す
・理想の仕事を始める
・理想の年収をとっている人から学ぶ

常識的な人はここで、理想を叶えたあとに上記を実践しようとしますが順番は逆です。

まず先に、理想まで背伸びをするから現実があとから追い付いてくるんです。

理想が先。

本記事では「人生を変化させるには自分を変えるよりも外部の環境を変える」というテーマで詳しく解説していきます。

人生が変化する瞬間!【努力よりも環境を変えたときにやってくる】

巷でよく聞く人生論に以下がありますね。

『相手は変えられないけど自分だけは変えられる、だから自分を変えよう』
『自分の人生は自己責任、だから自分が源の精神で生きよう』

というもっともらしいものです。

かくいう私もこの価値観に沿って生きていたこともありましたが、ぶっちゃけ人生の遠回りをしたなと思っています。

その理由が以下。

自分がどれだけ頑張り努力しても周りの環境がショボかったら小山の大将どまり

・自分の人生=全て自己責任はうまくコントロールしないと自己犠牲を生みやすい

順に解説していきます。

自分がどれだけ頑張り努力しても周りの環境がショボかったら小山の大将どまり

自分が一番スゴいと思っているイタイ連中」は、どこの環境にも一定数いますよね。

一定の成果を作る為にもちろん努力は必要不可欠ですが、それよりもどこの環境で頑張るかのほうが100万倍大事です。

例えばの話で理由は以下のとおり。

・将来大リーグで活躍したいと思っている人が、草野球チームのエースになっても成長速度が追いつかない
・自分の理想の人生を生きている人から学ぶことで、その人とのギャップを埋める為に何をすべきか分かる
・将来、年収1億稼ぎたいと思っている人が会社員を続けていても一生夢が実現することはない

つまり、せっかく頑張るんだったら努力が報われる環境で頑張りましょう、ということです。

私自身の経験だと、大学を卒業後、新卒で入った会社で約4年働きました。

その頃いた環境は以下のとおり。

先に入社して一定の営業成績を残した中年管理職がのさばって既得権益だけでメシを食っている

・社内で役職をつけて呼ぶ慣習があり、役職(課長、主任)が変わる度に覚え直すのがうざい

・営業職の離職率が極めて高く、同期で入社した8割は3年以内に退職

控えめにいって、超スーパーウルトラ体育会系で若者が報われにくいブラック企業でした。

このような会社で役職がついている人間のほとんどは「自分が上に上がるためなら同僚や部下を踏み台にすることを何とも思わない連中。

こういった価値観が蔓延している会社に違和感を感じ辞めていく人が多かったわけです。

つまり、こんな環境でどれだけ努力して頑張っても人生しれてます、ということです。

世の中には会社なんてごまんとありますから今働いている会社がクソ』と感じている人はソッコー辞めて問題ナッシングですよ。

「自分の人生=全て自己責任」の考えは自己犠牲を生みやすい

自分の人生は自己責任。
かつての私がそうだったのですが、自己責任の意識が強すぎても人生が生きにくくなる気がします。

その理由は主に以下のとおり。

責任感が強すぎると自分の選択に対する損切りができなくなる

これはどういうことかというと、一回決めたことだからという理由で自分が向いていないかもしれない仕事を続けてしまうようなことです。

例えば元々、人付き合いや人と関わることが好きじゃない人が営業をやってもものにならないですよね。なぜなら、好きでもないことは長続きしないからです。

とはいえ、もしかしたら何かきっかけで好きになるかも、と思う人がいるかもしれません。

全否定はしませんが、そのまま続けたところで人生は変化しないことがほとんどです。

それよりも、まずは3ヶ月くらい思いっきりやってみて「これは自分に合わない」と感じたなら潔く辞めて次の新しいことに挑戦したほうが可能性が広がりますよ。

これが、人生を変化させる為の効果的な損切りです。

人生を変化させたければ自分よりも環境を変えよう

ここでは、人生を変化させたい人が押さえるべきポイントをお伝えします。

チェックポイント

①今、自分が所属している環境にはどれくらいいるか
②そのまま上記に居続けた場合、現実は変わりそうか
③自分の理想の状態を実現している人から学ぶ機会はあるか
※現実、バーチャル問わず

もう少し現実的な話をすると、あなたは去年の今日、以下についてどのような状態でしたか?

◯住まい
◯仕事
◯年収
◯まわりで付き合っている人

もし上記がほぼ変わっていない、ということであれば、おそらく来年もあまり変わっていない状態のはずです。

話を元に戻しますが、人生が変化するのは自分が変わったときではなく、外部の環境を変えたときです。

未来の人生を変化させたいのであれば、自分がいる環境を変えていきましょう。

理想を実現させるポイント

・理想の住まいに引っ越す
・理想の仕事を始める
・理想の年収をとっている人から学ぶ

常識的な人はここで、理想を叶えたあとに上記を実践しようとしますが順番は逆です。

まず先に、理想まで背伸びをするから現実があとなら追い付いてくるんです。

今回は以上になります。
本記事がお役に立てたら幸いです。

【関連記事】【実話】引っ越しが人生を変える!最大のメリットを活かす3つの心得

スポンサーリンク
スポンサーリンク
コラム
スポンサーリンク
ノマドコンパス~自由人への羅針盤~