これだけで大丈夫!金銭管理がうまくできないときの改善方法3選!

自分でビジネスを始める場合、日々金銭管理をしながら、現状把握をすることが非常に重要になってきます。

『今、使える資金がどれくらいあるのか分からない』
『いつまでにどれくらいの収益が見込めるのか分からない』

など、どんぶり勘定でやりくりしているとあとあと思わぬ出費が出たりして苦労することが多いです。

そうならない為にも、きっちり金銭管理をしていきましょう。

ただ、日々忙しい中であれもこれもやるのは大変ですよね。

ということで、今回は毎日やらなくても簡単にできる金銭管理のコツや方法を紹介していきます。



金銭管理のコツ3選!

金銭管理方法①領収証やレシートは必ず取っておこう!

ビジネスを始める場合、最初は個人事業として1人からスタートする方がほとんどだと思います。

例年2月~3月にかけて確定申告といって、年間の売上や経費を申告して、国に納める税金を明確にする作業が必要になってきます。

この時にあわててやったのでは、本業もおろそかになってしまいがちです。

事業に必要な出費であれば経費として認められますので、レシートや領収証は必ずもらっておきましょう。

金銭管理方法②週に1回は帳簿に記録しよう!

『日々、仕事で忙しい中で毎日管理するのは大変』

というのが正直なところだと思います。

ですので、週に最低1回は記録をつける曜日と時間帯を決めてみましょう。

曜日がマチマチだと、リズムが作れなかったりレシート枚数にもばらつきが出てやりにくくなってしまいます。

あらかじめ金銭管理をする日やおおよその時間帯を決めておく(例.日曜日の午前中)と良いです。

金銭管理方法③アイテムを活用しよう!

金銭管理には大まかに3つの方法があります。

手書きにするなら100円ショップで出納帳が買えます。

パソコンを持っている方ならエクセル計算表が使えます。

一番のオススメは、クラウド上で管理できるソフト(やよいetc…)です。

ネットに繋がる環境があれば無料で使うことができますよ。

収支を入力するだけで、自動計算をしてくれるのでとっても便利です。

やってみると分かるのですが、金銭管理が億劫になる原因のほとんどは経費を計算するのに手間がかかることだったりします。

クラウドソフトであれば、そういった手間を省くことができます。

また必要に応じてデータ抽出やプリントアウトも簡単にできるので金銭管理の手間を極力減らしたい、と思っている方は是非活用しましょう。

まとめ

今回は毎日やらなくても簡単にできる金銭管理の方法やコツをまとめました。

やり始めの頃は面倒な作業でも、慣れてくればデータを見るのも楽しくなってきますよ。

きっちり管理してビジネスに集中する体制を作っていきましょう!



スポンサーリンク
スポンサーリンク
ノマドライフ
スポンサーリンク
ノマドコンパス~自由人への羅針盤~