行動だけでは結果に繋がらない!成功へのピントの合わせ方を解説!


こんにちは、てむじんです。
ノマドワーカーとして、経済的自由、時間的自由を手に入れました。

先日、以下のツイートをしました。

極論、自己啓発がなくても行動のピントがあっていれば結果は出ます。

ただそれだと効率が悪いので、自己啓発は行動のピントを合わせる為の手段として使うのが吉。

「これをやれば絶対うまくいく」なんていう人がいたらハッタリです。

何が合っているかはその人自身にしかわからないからです。

今回は上記のテーマを深掘りします。
行動は大事ですが、残念ながらそれだけでは結果は出ません。

本記事では行動と結果のからくりと結果に繋がる為にはどうしたら良いかの戦略を解説していきます。

行動だけでは結果に繋がらない!成功へのピントの合わせ方を解説!

「行動と結果はワンセット」「行動しなければ何も生まれない」

こんな話をときたま耳にしますが、確かにその通りだと思います。

とはいえ、これだけだと不十分です。

「結果が出る方向に正しくピントを合わせた行動」こそが結果を作ります。

理由は以下のとおり。

・「行動すれば何とかなる」という思考停止状態を回避できる

・時代の流れを見極めないと無駄な努力に終わる

順に解説します。

「大量に行動すれば何とかなる」というのは幻想

先にも書きましたが、どれだけ行動してもピントが合っていなければ結果が出ません。

ぶっちゃけたところ、一番辛い状態です。
その要素が以下。

努力という名の時間とエネルギーの投資をしているにも関わらずリターンがずっとゼロ

・将来の為に頑張っているのに、どんどん心とお金が消耗していく

・ストレスがたまり、人生に嫌気がさす

頑張っているのにこうなるくらいなら、人生楽をしまくって好き勝手生きた方が幸せです。

かつて、芸能界の中でトップ司会者まで上り詰めた島田紳助さんが以下こんな話をしていたのを思い出します。

例えば、野球をうまくなろうと思ったら誰でも努力はする。これは当たり前のこと。

但し、同じ素振り1000回するだけでも大きな開きが出る。

①ただ単に1000回やるだけの素振り
②1回1回の素振りに目的意識を持って、どうやったら効果的になるのか考えながらやる1000回分の素振

上記はどちらも「素振り」という練習方法に時間も労力もかけています。

しかし、どちらの方法が結果を出せるかは明白です。

これは私たちの日々の生活や仕事に置き換えて考えることができます。

ポイントは以下

・今やっている行動が自分が望む結果に繋がっているか

・自分で考えず、第三者から言われたことを鵜呑みにしていないか

具体例を書きます。

将来的には働く時間や場所を自由に選べるノマドワーカーになりた

・とりあえず会社員を続けながらじっくり考える
→×

・権利収入の基盤を作る為に、どんなに文字数が少なくてもブログを毎日1記事更新する
→◯

上記のように、今の行動のピントが合っていれば、結果が出なかったときでも改善や軌道修正ができます。

例)ブログをやってみたものの、つまらなくて続かなかった

→YouTubeで趣味関連のコンテンツを発信、収益化に成功

時代の流れを見極めないと無駄な努力に終わる

これも物凄く重要な考え方です。

唐突ですが、質問します。

もし「令和」という今の時代において、以下の分野で起業するとしたらどれが一番難易度が低いと思いますか?

①タクシー業界で独立する
②とんこつラーメン屋台の出店
③YouTube動画チャンネルの運営

ちょっと極端な例かもですが、③>②>①の順で難易度が低いです。

共通項はどれも一定の努力やそれにかける時間は必要です。

違いがあるとすれば、時代の波に乗れそうかどうかです。

タクシーの運転手さん

素晴らしい仕事だと思います。しかし残念ながらこれから需要が増えるとは思えません。

なぜなら、今後のAIの技術革新によって自動運転が普及し、無人のタクシーが増える予測されているからです。

とんこつラーメンの店

人気が高そうですが、一定の出店コストやノウハウが必要になります。ぶっちゃけ素人には高き壁があります。

YouTubeチャンネルの運営

人によってはチャラチャラした印象を受けるかもですが、れっきとした広告収入型のビジネスモデルです。

言わばインターネット上のテレビ局の位置付け。なかなか取っつきづらい印象もありそうですが、メリットは大です。

YouTubeチャンネル運営のメリット

・初期費用が低い
→カメラ、もしくはスマホ1台からでも始められる
・努力が積み上がり、不労所得に変わる
・時間や場所にとらわれずどこでも仕事ができる

少な目に見てもこれだけの期待値があります。

YouTube市場がこれから伸びそうな背景

今後5Gというネット技術の普及により動画の視聴やアップデートの負荷が減る
・ブログなどのテキストコンテンツよりも、動画の方がイメージが伝わり内容が理解しやすい

つまり、同じ努力をするなら結果が報われやすい分野で頑張ったほうがいい、というお話です。

まとめ

行動を結果に繋げる為の重要ポイントは以下の2点。

①「行動すれば何とかなる」という思考停止状態をやめる
→何のためにそれをやるのか、行動する目的を明確にする
②時代の流れを見極めた上で判断する
→これからの時代、伸びそうな分野の中で行動を積み上げる

①と②をふまえて行動していけば、ピントがずれることはありません。

結果が出るかどうかは個人差や資質の違いがあるので何とも言えません。

とはいえ、無駄な時間を過ごしていると人生が遠回りになるのでピントを合わせながら行動していくのが吉です。

ということで、今回は以上になります。
本記事がお役に立てれば幸いです。

【関連動画】【注意】成功パターンは1つとは限らない【エセ指導者に気をつけろ】