人から真面目と言われるのが嫌なあなたへ【仕事で損をしない秘訣】

こんにちは、てむじんです。
真面目さを活かしながら自由に生きています。

先日、以下のツイートをしました。

もし「自分は真面目すぎで仕事で損をしているかも」と感じている人がいたら、もっとゆるく生きてみるのもあり

ゆるく生きるポイント

・自分の幸せを最優先で物事を判断する
・自分の幸せを邪魔するヤツは排除もしくは距離を置く
・自分の理想を生きてない人間のアドバイスや教育は戯言として受け流す

真面目な人は仕事で損をすると言われがちですが、活かし方次第でいかようにもなります。

本記事では、真面目な人が仕事で損をしない為の戦略について解説していきます。

人から真面目と言われるのが嫌なあなたへ【仕事で損をしない秘訣】

『あなたは真面目ですね』
『真面目な人って面白くない』

これはかつての私がよく言われていたことなんですが、「真面目さ」って世間体ではあまりいい意味で使われなかったりします。

とはいえ、真面目な人こそ強みを活かせば人生最強になれると本記事にて主張します。

理由は以下のとおり

・真面目からあえてゆるく生きることで人生にゆとりが生まれる

・基本真面目であるほうが長期的に見てコスパの良い生き方である

順に解説していきます。

真面目からあえてゆるく生きることで人生にゆとりが生まれる

質問します。

以下、どちらが難易度が高いと思いますか?

①真面目→不真面目になる
②不真面目→真面目になる

答えは②です。
基本、不真面目な人が真面目に変われるのは相当イタイ目にあったときです。

なぜなら、不真面目に生きるほうかラクだからです。

不真面目な行動パターン

・時間や約束を守らない
・仕事をちゃんとやらない
・裏切りを繰り返す

当たり前の話ですが、真面目にキチンとすることのほうが努力を必要としますしめんどくさいことも多いです。

そうなんです、世の中で言われる「真面目系へのディスりのからくりは以下のとおり。

不真面目な人から見ると真面目な人はキチンとしているのでうとましく感じる。妬み、ひがみからくる感情がディスに繋がる。

とはいえ、真面目な人が仕事で損をすることは多いです。要因は以下のとおり。

・仕事への責任感が強く、残業を断れない

・何でもやってくれそうなオーラが客からなめられ、無理難題を押し付けられることがある

・適度なサボりができずストレスがたまりやすい

真面目な人は仕事においてとても大事なマインドを持っているにも関わらず、それにつけこむアホがいます。

そのことが原因で仕事で損をしてしまうメカニズムが存在します。

もし「自分は真面目すぎで仕事で損をしているかもと感じている人がいたら、もっとゆるく生きてみるのもありです。

ゆるく生きるポイント

・自分の幸せを最優先で物事を判断する・自分の幸せを邪魔するヤツは排除もしくは距離を置く自分の理想を生きてない人間のアドバイスや教育は戯言として受け流す

基本真面目であるほうが長期的に見てコスパの良い生き方

真面目な人は一見仕事を押し付けられたり、損をしがちです。

とはいえ、長期的に見れば真面目な生き方のほうがコスパが良いです。理由は以下のとおり。

・真面目な姿勢や態度が相手からの信頼を失うことはほぼない

・真面目な人の周りには同じく真面目な生き方をする人が集まる

ビジネスの人間関係で大切なのは長期的に見れば、その人や会社のことが信頼できるかどうかです。

現代において、世間一般で名の通っている企業ほど「社名を聞いただけで安心感とサービスの信頼を想像できると思います。

認知度の高い企業の例)

・トヨタ
・ファーストリテイリング(ユニクロ)
・日本マクドナルド等

上記のような会社も元を辿れば、誠実なサービスとこれまで積み上げてきた信頼による実績でブランディングしているわけです。

地味かもしれませんが、根っこにあるのは顧客に対する真面目さです。

これは個人レベルにおいてもまったく同じです。

私の周りには真面目な友達が多いですが、30代に入ってから彼らのことをますます信頼できるようになりました。

真面目な人はもしかしたら、学生時代の頃はわりとスポットライトが浴びづらいポジションだったかもしれません。

とはいえ、個人的に思うのは最後に信頼を勝ち取り報われるのは真面目な人だということです。

真面目な人が仕事で損をしない為にやるべきこと

ここまで持論にはなりますが、真面目な人が最後は報われるという話を書いてきました。

では、具体的にどのような手順で真面目さという強みを活かせるか一緒に考えたいと思います。

真面目な人はストレスを減らしながら生きよう

真面目な人はぶっちゃけ、不真面目な人の犠牲になることが多いですよね。

真面目な人が被る害

・どちらかというと不真面目な人へ合わせなきゃいけない
→遅刻、場の空気を読む等
・約束が守られず裏切られた気分になる

私個人の意見としては、真面目でチャンとしている人のほうがバカを見るのはあり得ないと感じています。

とはいえ、真面目な人に合わせて世の中が動いているわけではないのが罪なところ。

提案:真面目な人がゆとりを持つ生き方

根本解決として以下の生き方を提案します。

真面目な人がゆとりを持つ生き方

・会社員の場合、独立起業して自由に生きる
→雇われでいると不真面目な人間に振り回されやすい
・あえて不真面目さを演出してみる
見た目をチャラくすると中身とのギャップで好感をもたれやすくな

一般常識とは逆をいく戦略ですが上記は「真面目代表の私が効果を実証済みです(笑)

今回は以上になります。
当ブログ(ノマドコンパス)では、真面目に生きる人が自由に生きるためのヒントを発信しています。

本記事がお役に立てたら幸いです。

【関連記事】【瞬殺】会社でなめられる人が足りないものは?【法律を味方にする】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
コラム
スポンサーリンク
ノマドコンパス~自由人への羅針盤~