これで問題解決!時間管理がうまくいかないときにできる改善方法!

普段忙しくしている方ほど、以下のような悩みを聞く機会が多々あります。

『やりたいことや、やらなければならないことがたくさんあって、どれから手をつけていいかわからない』
『やりたいことを優先してしまい、重要なことをあとまわしにしてあたふたしてしまう』

というわけで、今回はそんな悩みを改善できる時間管理の方法を紹介していきます。



■3パターンで時間管理を改善!

■ルーティンにできることはルーティン化する!

気づかない内に時間が経過しがちなことってあると思います。

その1つが選んだり迷っている時間です。

一つ一つは細切れだったとしても積み重なると膨大な時間になります。

まずは、朝起きてから家を出る迄の流れを決めてみましょう!

実行していることを紙に書き出してみると良いです。

例)

◯トイレにいく
◯着替える
◯歯磨きをする
◯照明をつける

まず、普段会社に行くまでに上記を実行しない方はいませんよね?

これらのタスクの順番を決めて習慣化してみることをオススメします!

例)
◯起きたら照明をつける
◯ベッドをきれいになおす
◯窓をあける
◯トイレに行く
◯スーツに着替える
◯朝食の用意

というように、流れができてしまえばこれらについて考えたり、決めたりする手間と時間が省けます。

色々試してみてしっくりくる順番を見つけていくのも面白いです。

帰宅後の時間の過ごし方にも応用できますよ。

■いつもより少し早めに出社してみよう!

オススメは朝早く出勤して、ひと仕事をすませておくことです。

なんといっても朝は静かで空気もキレイ。

仕事がはかどりますし、時間を有意義に使っている実感もあるので気持ちも上がります。

早めの出社はやる気の現れですから

『おっあいつ、いつも朝早くきて仕事頑張ってるな』

と、周りの印象も変わります。

それらが、たまにや単発だと、効果は見込めません。

が、これが習慣化していくと、

朝早く出社する=午前中には重要な仕事が終わる=気持ちにもゆとりが出てくるのでパフォーマンスも上がる

という、よい循環に繋がっていくので気持ち早めの出社を心がけてみましょう!

会社のデスクだとちょっとやる気が、、、

という人には社員食堂のカフェコーナー、あとは職場近くの喫茶店を活用するのもありですよ。

■仕事の期限を設定してみよう!

実は、時間管理がうまくいかない人の大元の原因は、ノウハウよりも仕事の期限を設定していなかったり、目標設定がないことで起こることがほとんどだったりします。

いつまでに何をするか??

が決まっていれば、それに合わせた逆算で物事の準備、段取りを描くことができます。

今一度、優先順位を見直してみましょう。

まず、今の仕事の中でも重要なものから順に並べてみましょう

そうしたら今度は、期限が短い順に並べます。

特に決まっていないものでも、おおよその目安をつけてみると良いです。

具体的に、一週間後、一ヶ月後など。

あとは、期限が手前のものから順に取りかかっていきます。

■まとめ

なかなか最初はうまくいかず、試行錯誤することあるかと思いますが習慣化させることがポイントになります。

まずは3日間、そのあとは3週間、というように1日1日の積み重ねが大切です!

今回は時間管理がうまくいかないときにできる時間管理の改善方法を紹介しました。

時間を有効に使いながら、同時に仕事のパフォーマンスも上げていきましょう。