『そこのみにて光輝く』泥酔状態で撮影?綾野剛から学べる仕事術とは

振り返ると昨年はたくさんの映画(邦画)を見た1年でした。週に2~3本は見ていたので、トータルで100本は軽く超えていると思います。

なにか、仕事で活かせるような気づきはありましたか?

ハイ。俳優『綾野剛』さんから学べることはとても大きかったですね。今では尊敬に近い感情があります。

ということで今回は【映画『そこのみにて光輝く』に出演した綾野剛さんに学ぶ仕事術】というテーマで解説していきます。

『そこのみにて光輝く』泥酔状態で撮影?綾野剛から学べる仕事術とは

演技力や醸し出している空気がタダモノではない俳優【綾野剛】

綾野剛さんを詳しく知るきっかけになったのは去年ですね。昨年は、Amazonプライム(プライム会員になれば見放題)から気になった邦画を無作為にたくさん観ていました。

綾野剛出演・オススメの映画タイトル
【横道世之助】☆
【リップヴァンウィンクルの花嫁】☆☆
【そこのみにて光輝く】☆☆☆


上記の作品を立て続けに観る中で、作品そのものよりも演技力や醸し出している空気がタダモノではない、とある俳優さんの存在が気になりました。

それが【綾野剛さん】でした。

かなり個性派で、90年代くらいまでにはなかなかいなかったタイプの俳優さんではないでしょうか。

そういえば、オダギリジョーさんとは少し近い雰囲気があるかもしれませんね。

映画「そこのみにて光輝く」では泥酔状態で撮影?

今回は映画「そこのみにて光輝く」という作品を取り上げます。

本作品で綾野剛さんが泥酔しているシーンがあるのですが、あまりにリアリティがあったので気になって詳細を調べてみたんですよ。

『ぶっちゃけ、これホントに飲んでるだろ』と思ったからです(笑)調べたところ、、!
本当に泥酔していたことが分かりました!

撮影期間中は本物の酔っぱらいを演出するために、ひたすら飲んだくれた状態で撮影に臨んでいたそうです。もちろん、監督さんの許可つきで。

このことに対する解釈は人それぞれあると思いますが、、、。

【本物の作品を追及する為に、最大限やれるところまで全力を尽くす】

もし仮に俳優さんの仕事が、私たちが見る映像の中でのみ表現するものだと仮定します。

ここで一緒に考えてみましょう。

そして、綾野剛さんが泥酔した状態で撮影に挑んだ現場を想像してみます。撮影現場は当然1人ではありません。監督さん、スタッフ、他の出演者たち。

そんな中、泥酔した状態で撮影に臨むリスクは以下のようなとてもはかり知れないものがあるのではないでしょうか。

【考えられるリスク】

体調不良で演技どころではないリスク
(もはや演技ができない状態)

何度も撮り直しになるリスク
(他のスタッフ関係者たちの時間をとる、周りにストレスを与えてしまう)

撮影現場に合わせるリスク
(場所や時間も決まっているはずなので、当然そこに合わせた体調管理や演出が必要になるはずです)

これらを想定しただけでも、相当な覚悟が必要だったのではないかと思います。

【本物の作品を追及する為に、最大限やれるところまで全力を尽くす】

綾野剛さんの仕事にかける意気込みや本気度、姿勢から学べるものはあまりに大きいと感じます。

【関連記事】ミスチル桜井さんの生い立ちがヒント?日本の義務教育がダメな理由!

Uber Eats(ウーバーイーツ)【無料メルマガ発行のお知らせ】

当サイト(ノマドコンパス)では、筆者がUber Eats(ウーバーイーツ)で3200件配達して身につけたスキルやノウハウ、有益な情報を分かりやすくまとめ無料メルマガにて配信しています。この度期間限定で登録募集を始めました、ご興味のある方は以下から無料登録できますのでお気軽にどうぞ!↓ ※つまらなければ即解除可です。

ウーバーイーツ攻略ガイド【無料メルマガ登録フォーム】

Uber Eats(ウーバーイーツ)【無料メルマガ発行のお知らせ】

当サイト(ノマドコンパス)では、筆者がUber Eats(ウーバーイーツ)で3200件配達して身につけたスキルやノウハウ、有益な情報を分かりやすくまとめ無料メルマガにて配信しています。この度期間限定で登録募集を始めました、ご興味のある方は以下から無料登録できますのでお気軽にどうぞ!↓

ウーバーイーツ攻略ガイド【無料メルマガ登録フォーム】

ビジネスコラム
ノマドコンパス~自由人への羅針盤~