Uber Eats(ウーバーイーツ)トラブル事例あるある対処コツ

これまでUber Eats(ウーバーイーツ)の配達をしてよくあるトラブルや解決する為のコツを教えてほしいです♪

上記の疑問にお答えしていきます!

ということで、今回はUber Eats(ウーバーイーツ)で配達実績3000件の私が「Uber Eats(ウーバーイーツ)よくあるトラブル事例と対処のコツ」について解説します。

Uber Eats(ウーバーイーツ)トラブル事例あるある対処コツ

Uber Eats(ウーバーイーツ)よくあるトラブル事例①ドリンクや汁物がこぼれそう

これはよくありますね、渡された瞬間「こぼしたらどうしよう」と超絶不安になります。

こぼれすい以下のケース

・カレー
→こぼれやすさや運ぶ難易度は最強レベル

・淹れたてのコーヒー(ホットorアイス)などのドリンク類

・うどんなどの麺類

・炒め物系の中華料理

対処法は以下

・あってほしくないケースだが、もしこぼれた時の為にウェットティッシュと無印の代えの袋を用意しておく
→精神的な安定を保てる・商品を配達バッグに詰める際は、アルミシートやタオル等でしっかり固定、動かない状態で運ぶ
→ひと手間かけるだけで全然違います・コーヒー等のカップ類の場合は倒さないようにする工夫が必要
→小さめの保冷バッグを別途用意し、カップを入れたら周りをタオルで囲って固定
→それでも心配なら、保冷バッグを前側のカゴに入れれば終始状況確認できます
※赤チャリは前カゴがついてるのでオススメです

Uber Eats(ウーバーイーツ)よくあるトラブル事例②注文者と接触できない

今まで経験したパターンだと以下

・インターホンを鳴らしても反応なし

・記載されている住所がそもそも合っていなかった

・電話やメッセージを送っても無反応

順に説明します。

・インターホンを鳴らしても反応なし

ケースとしては、以下のパターン。

・注文後、寝ていて気づかない
→電話連絡をしても繋がらなければ、以下のメッセージを送ってみます。
『ご注文ありがとうございます。
先程、ご自宅あてにインターホンを2度鳴らさせて頂きました。
恐れ入ります、ご在宅でらっしゃいますでしょうか。お手数ですが、ご連絡お待ちしております』
・時差を見越して外出先から注文したが、帰宅が間に合わなかった
→たまにあるケース。連絡をして10分以内に戻れるとの回答であれば、待ちましょう。配達のルール上、電話連絡から10分は待機する必要があるので致し方ないです。もし10分以上かかるということであれば、サポートセンターに連絡し対処法を聞きましょう。おそらく、配達完了できるはずです。
・こちらの部屋番号確認ミス
→次の配達が残っていたり、急いでいたりすると起こりがちです。私もやってしまったことがありますが、その時のご家庭にはホント申し訳ないな、と。これもうろ覚えで配達せずに、直前で念押し確認すれば防げます。タイミングはやはり、インターホンを押す前が確実ですね。
・記載されている住所がそもそも合っていなかった

これもよくあるケースですが、Uber Eats(ウーバーイーツ)のアプリシステム上注文者が住所入力をしなくても、注文ができてしまうという謎があります。

しかし、配達パートナーにはそれとなく住所が表示されることがあります。
※おそらくGPSで注文者の住所を割り出していると思われる

以下のようなケースは要注意です。

・住所が物件名になっている
例えば、株式会社◯◯(会社)、◯◯寺(お寺)、お店などの表記。

会社の場合は具体的なフロアや部屋番号などの指定があればおそらく大丈夫ですが、そういった表記もなければ鵜呑みにしない方がベターです。

私自身、お寺の場所が指定されていたので到着後インターホンを鳴らした先に『頼んでません!』という答えが返ってきて凹んだ覚えがあります。

『ちょっとでもこれ合ってるかな』と思ったら以下のメッセージを送ってみると良いかもです。

 

『ご注文ありがとうございます。

一点確認させて頂きたくご連絡しました。
ご住所の確認ですが、◯◯と表記されていますがこちらでお間違いないでしょうか。

お手数おかけしますが、ご確認頂けますと幸いです』

 

もし万が一、返事がなかったとしても事前に送っておけば間違えたときのリスクヘッジになります。

・電話やメッセージを送っても無反応

これもよくあることですが、以下のパターンが多い気がします。

・女性の場合、知らない番号からの着信は警戒して出てくれない
→留守番電話に繋がるなら、用件を丁寧に吹き込む
→繋がらなければ、メッセージを送る
・アプリが反応していないのか、注文者が気づいていない
→電話連絡、メッセージ発信後、10分間気長に待つ
→それでも繋がらなければ、サポートセンターに連絡し状況を説明する

いずれの場合もポイントは以下です。

こちらで出来ることは最大限やる

それでもどうしようもなければ最後はサポートセンターに連絡して、きっちりエビデンスを残す

上記の流れを押さえておけば、問題なく対処できます。

ということで、今回はUber Eats(ウーバーイーツ)で配達実績3000件の私が「Uber Eats(ウーバーイーツ)よくあるトラブル事例と対処のコツ」について解説しました。

他にも、Uber Eats(ウーバーイーツ)で稼ぐノウハウについては以下のまとめ記事に詳しく書いています。こちらも参照ください。

【関連記事】Uber Eats(ウーバーイーツ)トラブル対処コツ【住所なし】

【関連記事】記事まとめ!Uber Eats(ウーバーイーツ)で稼ぐノウハウ集

長文、お読み頂きありがとうございました!