Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達には赤チャリ(自転車)

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達で使う自転車。購入するか、赤チャリ(レンタル自転車)にするか迷っています。どちらがオススメですか?

初心者や初めてUber Eats(ウーバーイーツ)に取り組む、ということであれば赤チャリ(レンタル自転車)がオススメです。

ということで、今回は現役の私がこれまで自前の自転車と赤チャリ、両方試した結果「なぜ赤チャリがオススメなのか」について書いていきます♪

この記事を読めば、Uber Eats(ウーバーイーツ)の自転車選びについての理解が深まります。Uber Eats(ウーバーイーツ)をこれから始めてみたい方、興味のある方は必見です!

【Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達には赤チャリ(レンタル自転車)】その理由は?

私がこれまで2000件配達(内訳:自前の自転車約1000件・赤チャリ約1000件)してみた上で感じた赤チャリをオススメする理由を以下解説していきます。

そもそも赤チャリとは何?

『赤チャリ🚲』とは、都内で手軽に借りられるドコモ・バイクシェアの電動アシスト自転車🚲のことです。

f:id:redcycle:20170505192730p:plain

東京・自転車シェアリング広域実験(千代田区・中央区・港区・新宿区・文京区・江東区・品川区・大田区・渋谷区)

東京都内6区(千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、江東区)で電動アシスト自転車🚲がシェアできる画期的なサービスでしょう(2017/05/06現時点)。

千代田区からこのサービスがスタートしたからか、よく『ちよくる』などと呼ばれているように感じます。 ただ、各区で呼び名がバラバラなんです。 自分はいつも『赤チャリ🚲』と呼んでいて、『赤チャリ🚲』派を積極的に増やしたいと思っています。

引用元:https://redcycle.hatenablog.com/entry/2017/05/06/002304

坂道もスイスイ安心、体力の消耗を最小限まで抑えられる

赤チャリの魅力は何と言っても電動機付きのところ。ということは、上りのキツイ坂道もスイスイ苦労なく走れる、ということです。

自前の自転車にも変則ギアがついてるのが一般的ですが、やはり電動に比べて体への負担は大きいです。

1日2~3件レベルの配達であれば、それこそママチャリでいけると思いますが、日給レベルで1万円以上稼ぐなら体力面も考慮する必要が出てきます。

というのも、ママチャリのような自転車だと何件も連続して配達するとクタクタになります。疲れてくるとモチベーションは落ちてきますし、仕事そのものがキツイ→段々やりたくなくなる、という負のループに入ってしまいかねません。

体力に限界がくれば、1日の配達件数も伸びずそれに比例して手取りも減ってしまいます。やがて「Uber Eats(ウーバーイーツ)はしんどいからやめよう」という着地はあまりにもったいないです!

配達件数と自身の体力は密接に繋がってるなとつくづく感じます。

万が一のパンクや故障時も安心

自前の自転車の頃、一番厄介だったのがタイヤのパンクでした。私自身、約1000件配達した中でパンクは2件ありまして、いずれも配達中に起こるという何ともラッキーな展開(笑)

一回目は、商品をお店で受け取ってから1~2分ほど走っていたときのこと。自転車がガタガタ揺れだしたので止めて良く見ると、タイヤがしぼんでいたわけです。そのときは、Uber Eats(ウーバーイーツ)のサポートセンターに電話をして、その案件はなくなくキャンセルしました。
※その後、もう一度他の配達パートナーに連絡が入り、届けられるという仕組みになっています

二回目は、お客様の家まであと300メートル近くまできたときのこと。いきなり『パーン!!』という銃声のような破裂音が聞こえたかと思うと、自転車に乗っていた私の体はよろめきました。よくよくタイヤを確認してみるとこれまたパンク。

しかし、この時はお客様の家まであと少し。覚悟を決めた私は、パンクした自転車を道路脇に置き、そこから全力でお客様の家までダッシュ。まさに学生の部活時代の坂道ダッシュさながらでした(笑)

どちらとも大変だったのは、パンクした時よりもその後の修理でした。近くに自転車屋さんがあればまだいいですが、自転車を手押しで運ぶ必要が出てくるので購入を考えている方は故障時のリスク管理は必須です。

赤チャリの場合は、パンクしたらポート(赤チャリ専用の駐輪場みたいなもの)に返すだけですみます。ポートは東京都内の話だと、遠くても500m以内には設置されていることが殆ど。万一の場合も安心です。

ランニングコストは月々のレンタル料のみでカバーできる

私自身の経験上、自前の自転車がパンクしたり修理が必要になった場合、当然ながら都度費用が発生します。

パンクだとタイヤ交換になった場合修理代込みで5000円くらいかかりました。その他にも、ブレーキワイヤーの交換(1200円くらい)、ダイナモライトの電球交換(前輪の摩擦で点灯するタイプのライト)、ブレーキ位置の調整(800円くらい)など諸々ありました。

これらの修理をお願いしている間は稼働はストップすることになります。もしコアタイムに故障が発生すれば、本来稼げるはずだった金額(2~3時間で5000円相当にはなる)を損失することになります。

赤チャリの場合は使い放題のプランで月々4000円かかっていますが、これらのリスクを考えると保険込みという意味合いでも妥当ではないかと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はUber Eats(ウーバーイーツ)で赤チャリをオススメする理由について書きました。

Uber Eats(ウーバーイーツ)で具体的に稼ぐコツやポイントについては以下の関連記事で詳しく書いています。こちらもご参照ください。

【関連記事】Uber Eats(ウーバーイーツ)で月収20万稼げるコツ!私が2000件配達して分かったこと

【関連記事】記事まとめ!Uber Eats(ウーバーイーツ)で稼ぐノウハウ集

長文お読み頂きありがとうございました!