上級者ほどダブルピックを受けない理由とは?@Uber Eats(ウーバーイーツ)

ウーバーイーツ ダブルピック

こんにちは、てむじんです。
Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナー(配達累計4,000件+ゴールドパートナー認定)をやっています。

「Uber Eats(ウーバーイーツ)でダブルピック(2件同時配達)は受けたほうがいいですか?経験者に聞きたいです。」

今回は上記のテーマにお答えします。

結論から先にお伝えするとダブルピックはリスクが高いわりに見合った報酬が得られないので、やらないほうが吉」です。

上記の根拠を経験ベースで解説します。

上級者ほどダブルピックを受けない理由とは?@Uber Eats(ウーバーイーツ)

ぶっちゃけ初心者ほど『ダブルピック(2件同時配達)はおいしい』という心理になりがちです。

かつて筆者も始めたての頃はそうでした。

とはいえ、特に初心者ほどダブルピックはマジでやらないほうがいいです。

ここでは、配達パートナー視点で以下のとおり、オススメしない理由を経験ベースで解説します。

・ダブルピックはアプリの不具合が起こるとリスクが増す
・ダブルピックでおいしい思いをするのはUberのみ

ダブルピックはアプリの不具合が起こるとリスクが増す

ウーバーイーツ ダブルピック

実例で解説します。

かつてダブルピックを受けたときにこんな事例がありました。

ダブルピック実例)

いつも通り1件目の配達を終える

2件目の配達を向かおうとした矢先、お客様から以下のメッセージが入る

『反対方向に向かっているようですが大丈夫ですか?』

これはどういうこと?

ハイ、この時アプリ上では不具合が起こっており、2件目のお客様の画面には「配達パートナーが別の配達に向かっている」という表示がされていなかった模様。

筆者が1件目の配達に向かっているGPSを2件目のお客様が待ちの状態で見ているわけなので

『一体、何をしてるんだ??』

という心理になるのも当然なわけです。

こちらとしては、そのような状況であることが分かるはずもなく到着時に平謝りした経験があります。

これはほんの一例でUber Eats(ウーバーイーツ)ではアプリや通信上の不具合が結構頻繁に起こります。

不具合の例)

①注文者の住所が表示されない
※注文者の未入力ではなくアプリ上の不具合
②注文者に直接電話をしようと思い、ボタンをタップしてもフリーズして繋がらない
③注文依頼を取ろうとタップしたら、通信エラーが発生し結果依頼を受けられなかった etc…

もし仮に①②のようなケースがダブルピックの1件目で発生したらどうですか?

軽くゾッとしませんか?

あっ、これは筆者が実際経験した話です。

上記のとおりで、1件目でトラブり時間を食った皺寄せは全く関係が無い2件目のお客様に飛び火するわけです。

そりゃ、不機嫌にもなりますよね・・・。
バッド評価もつけたくなりますよね・・・。

というからくりです。

つまりダブルピックにはこういったリスクがいつも隣り合わせにあるってことです。

もしかしたら、Uber Eats(ウーバーイーツ)の登録会場で説明を受けたときに笑顔が素敵なスタッフから

「2件まとめて配達(ダブルピック)するのは稼げるのでおいしいですよ」

的なメッセージがあったかもしれません。

というか、筆者は言われました。

とはいえ、彼彼女らは説明員であって、配達経験がある人なんてほぼいないですからね。

『現場を知ってからものを言えよ』

と。

てなわけで、やや辛口気味になりましたが現役ではない人の意見は鵜呑みにしないほうがいいかもしれませんよ。

ついでに、この記事も鵜呑みにしなくていいです。

あくまで参考にしてもらって、実際に自身が行動して検証すれば確かな答えが見つかると思います

ダブルピックでおいしい思いをするのはUberのみ

ウーバーイーツ ダブルピック

これが今のところ、確かな結論ですね。

構図はこんな感じですかね。

ダブルピックの内情

☆Uber
→報酬コストを下げた分、利益率が上がる
★店舗
→2件目の注文者の顧客満足度が下がる可能性がある
★注文者
→2件目の配達になった場合、待ち時間が長くなる、商品が冷めるなどのデメリットが発生
★配達パートナー
→2件目の配達リスクを負っているわりに、報酬が2件分になるわけではない
※通常配達報酬+通常配達報酬という計算式になっていません

ざっくり、上記のとおり。

そして、これまでの経験レベルで感じることですが

Uber側のAIは積極的にダブルピックをつけたがるなぁ

と。

ダブルピック依頼の傾向

・ダブルピックがくるときは、注文依頼にインターバルなく矢継ぎ早に2連続で鳴りがち
・大手ファーストフードチェーンからの依頼が多い

ちなみに、マクドナルドはダブルピック案件がありません。

マクドナルドさんはさすが提供スピードを重視している企業だけあって、ダブルピックで想定される2件目の遅配をシステム上で制御しているわけです。

ぶっちゃけ、これがある意味サービスを提供する側の模範解答と思えてなりません。

あくまで筆者の見解にはなりますが、これまで4,000件配達して辿り着いた結論です。

参考になれば幸いです。

今回は以上になります。

またUber Eats(ウーバーイーツ)で効率的に稼ぐノウハウについて一気に知りたい場合はUber Eats(ウーバーイーツ)完全攻略マニュアル~ノウハウ公開~でもご紹介しているので順番に読んでみてくださいね!

それではこのへんで失礼します。

お読み頂きありがとうございました!

【関連記事】Uber Eats(ウーバーイーツ)完全攻略マニュアル~ノウハウ公開~

【関連記事】Uber Eats(ウーバーイーツ)を底辺と見る人間ほど搾取される理由とは?